1. 治安・安全情報
  2. ワシントン州の治安情勢
  3. 治安・安全に関する総領事館からのお知らせ
  4. 事件情報
  5. 安全の手引き
  6. 大規模災害に備えて
  7. 地震多発地域 — ワシントン州
  8. オンライン安否照会システム
  9. 日本語トップページ

領事館安全情報

在留邦人の皆さまへ(シアトル総領事館からのお知らせ)

 

在シアトル総領事館
平成24年6月27日更新


防犯対策: 警察ホームページ活用の勧め ~ 5分でできる防犯対策の第一歩

1. シアトル市及びその近郊都市においては、連日のように銃器使用の凶悪犯罪が発生しており、
4月、5月にシアトル市内において発生した複数のけん銃による無差別殺人事件は大きく報道でも取り上げられ、当地社会を震撼させました。
2011年の統計データをもとにシアトル市を例に挙げると、統計上市民約20人に一人が何らかの犯罪に巻き込まれている計算となり、強盗は東京都の約50倍、自動車盗は約85倍の発生率となっているなど、比較的安全と言われる当地シアトル市やその近郊都市であっても、その犯罪発生率は、日本とは比較にならないほどの高さです。実際、昨年から今年にかけ、多くの邦人の方が空き巣等の盗難被害に遭われており、路上強盗の被害者となった邦人も少なくありません。

2. 犯罪に巻き込まれない、又はその確率を低くするための基本は、防犯意識を高く持ち、必要な防犯対策を講じることです。そしてその前提となるのは、「自宅や職場等の生活圏において、どのような犯罪が発生しているか正しく把握・認識すること」に尽きます。ただなんとなく「犯罪に注意しよう。」と思うよりむしろ、具体的に身近で発生している犯罪について把握し、例えば「この近辺では車上ねらい事件が多発しているから、駐車場所に注意しよう。貴重品を車内に置かないようにしよう。」と心がけ、犯罪に応じた防犯対策を講じるほうが、より効果的と言えます。ただ、身の回りで起こった全ての事件が報道で取り上げられるわけではありませんし、近隣とのコミュニケーションが十分ではない場合もあります。このような場合、どのように犯罪発生状況を把握したらよいのでしょうか。

3. そこで登場するのが、「警察のホームページ」です。ワシントン州には、州・郡・市等に合計約240の警察組織があり、そのほとんど全てがホームページを開設し、様々な情報を提供しています。このうちいくつかは、管轄地域内における犯罪発生状況を正しく把握・認識するのに大変役立つツールや、地域の特性に応じた防犯情報をも提供しています。残念ながら、全ての警察組織が充実した情報提供サービスを実施しているわけではありませんが、一例として、シアトル市やその近郊都市警察のホームページが提供している防犯対策に役立つサービスを下に示しますので、参考としてください。下にリンクのない地域にお住まいの(又はお仕事をしている)方は、早速検索エンジンを使って、ご自宅や職場を管轄している都市の名前とともに「○○○(都市名)Police Department」と入力、検索するなどして警察のホームページにアクセスし、どのようなサービスが提供されているか確認してみてください。こうしたページを閲覧するのにかかる時間はたったの5分程度です。ほんの5分でできる防犯対策の第一歩、早速今日始めてみましょう。

 【犯罪発生マップ】
警察に事件被害の届け出があった場所や、911通報に基づき警察官が臨場した場所等を地図上に示すシステム。調べたい地域のアドレスに加え、調べたい期間等を入力すれば、その地域でどのような犯罪が発生しているかを把握することができる。サービスによっては、自宅住所とe-mailアドレスを登録しておくことにより、近辺で犯罪が発生した場合に知らせてくれる「アラート機能」を有しているものもある。

-主要な警察が提供する犯罪マップ(リンク)- 
○ シアトル市警察:http://web5.seattle.gov/mnm/incidentresponse.aspx
○ ベルビュー市・カークランド市警察:http://www.crimemapping.com/map.aspx
○ イサクワ市警察:http://www.ci.issaquah.wa.us/Page.asp?NavID=2856
○ レドモンド市警察:http://gis.redmond.gov/crimemap/#/MapView
○ レントン市警察:http://rentonwa.gov/government/default.aspx?id=26562
○ サマミッシュ市・シータック市・タクウィラ市:http://classic.crimereports.com/
○ マーサー・アイランド市
http://pubmaps.mercergov.org/Geocortex/Essentials/Web/viewer.aspx?Site=MICrimeMaps&ReloadKey=True

 【登録性犯罪者検索システム】
過去に性犯罪を犯し、有罪判決を受けた「登録性犯罪者」(Registered Sex Offender)の居住地や顔写真、犯罪の概要等を情報提供するシステム。自宅等の住所を入力して検索すれば、その周辺に居住している登録性犯罪者を把握することができる。

例:ワシントン州警察署長等協会「登録性犯罪者検索」:http://www.icrimewatch.net/index.php?AgencyID=54528

 【防犯情報】
多くの警察が、管轄地域内の犯罪情勢に応じ、犯罪に巻き込まれないための防犯情報や「セーフティー・チップ」等を提供している。

例:レドモンド市警察「防犯情報」:http://www.redmond.gov/PublicSafety/Police/CrimePrevention/

【特異な犯罪等が発生した場合の情報提供サービス】
特に耳目を集めるような事件が発生した場合や、市民に注意喚起を図る必要がある事件を認知した場合等に、プレス・リリースや特設ページを通じて情報提供を図るサービスを提供している警察もある。複数の市警察(又は市)では、e-mailアドレスを登録することにより、こうした情報を知らせてくれる「アラートサービス」を提供している。

例:シアトル市警察「事件簿」:http://spdblotter.seattle.gov/
ベルビュー市警察「ニュース・リリース」:http://www.ci.bellevue.wa.us/news_releases.htm#Police