在シアトル総領事館からの注意喚起(襲撃事件)

オハイオ州コロンバス市内の大学内で乗用車と刃物を用いた襲撃事件が発生し,約10名が負傷。学校,繁華街等を訪れる際には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察したら速やかにその場を離れるなど,安全確保に十分注意してください。
 
在シアトル総領事館の管轄内にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
 
 11月28日午前(現地時間),コロンバス市の「オハイオ州立大学」内において,犯人(1名)が車両を用いて歩行者を跳ねた後,車外に出て刃物で無差別に襲撃する事件が発生しました。その後,同大学警察により犯人は射殺されましたが,約10名が負傷しました。
 
現在のところ,犯行の動機など詳細は明らかになっていませんが,一部の報道ではISILの影響を受けたテロの可能性もあるとして,関係当局が捜査中であるとも報じられています。
 
 また,本件との関連性は不明ですが,イスラム過激派組織の発行する機関誌では,不特定多数の群衆を狙った,車両や刃物を用いたテロの実行を呼びかける記述も見られます。
 
 つきましては,米国に渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,11月25日に発出した広域情報「欧米での記念日や各種イベント等を狙ったテロに対する注意喚起」(※)に加え,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,具体的に以下の点に注意してください。
 (※)掲載先:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C319.html
●報道や国土安全保障省のテロ関連情報サイト等に注意を払いつつ,最新の情報の入手に努める。
米国・国土安全保障省 テロ関連情報サイト:http://www.dhs.gov/national-terrorism-advisory-system
●出入り自由な大学のキャンパス,繁華街等を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察したら速やかにその場を離れるなど,安全確保に十分注意する。
 
 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet
3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
 
 なお,テロ対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)
 
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903


(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139 
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版) 
 
○在アメリカ合衆国大使館
住所:2520 Massachusetts Avenue N.W., Washington D.C., 20008-2869, U.S.A.
電話:(市外局番202)-238-6700
国外からは(国番号1)- 202-328-2187
FAX:(市外局番202)328-2187
国外からは(国番号1)- 202-328-2187
ホームページ:http://www.us.emb-japan.go.jp/j/
 
○在シアトル総領事館
住所:601 Union Street, Suite 500, Seattle, Washington 98101, U.S.A.
電話:(市外局番206)- 682-9107~10
国外からは(国番号1)-206-682-9107~10
FAX:(市外局番206)-624-9097
国外からは(国番号1)-206-624-9097
ホームページ:http://www.seattle.us.emb-japan.go.jp/japanese/index_j.htm