インズリー・ワシントン州知事による緊急事態宣言(屋外火気使用の禁止)について(7月6日)

2021/7/7
  インズリー・ワシントン州知事は7月6日、山火事による生命や財産へのリスクが甚大であるとして、非常事態宣言を発出しました。ワシントン州全ての地域において、2021年9月30日までの間、屋外及び農業での火気の使用(Burn)が禁止されました。禁止行為に以下の行為が含まれます。なお、一部除外される行為があります。

 在留邦人の皆様におかれましては、屋外での火気の使用禁止等、州や郡の規定を遵守するとともに、引き続き州知事室による発表、各自治体からの呼びかけに関する報道等、最新情報の入手に努め、安全を確保していただくようお願い致します。

1 禁止される行為
・屋外でのキャンプファイヤー
・焚き火
・住居の庭でのゴミの焼却処分
火気を用いた雑草除去
・農業のための火気使用活動

2 除外される行為
・個人住居での炭火焼き、液体燃料又はガス燃料コンロの使用(表面が不燃性であり、可燃性植物から少なくとも5フィート離れた場所であることが条件)
・地方自治体によって発行された消防許可に基づく農業目的の火気使用
・行政機関や施設管理者によって課せられる制限に則った形態での州・郡・自治体の公園、キャンプ場でのキャンプファイヤー、及び私有財物の一部での僅少なキャンプファイヤー

<インズリー・ワシントン州知事の緊急事態宣言>
https://www.governor.wa.gov/sites/default/files/proclamations/proc_21-10.pdf
<関連報道>
シアトルタイムズ
https://www.seattletimes.com/seattle-news/washington-bans-most-outdoor-and-agricultural-burning-through-september/