2021年経済再開・新型コロナウイルス関係情報 (6月30日更新)

2021/6/30
※ 過去のアーカイブ情報はこちら
新型コロナウイルス危機の影響を受ける中小企業・NPO・労働者への支援策一覧(2020年12月21日最終更新)
経済再開情報(新型コロナウイルス関係情報)(2021年2月1日最終更新)
 

目次(各項目のクリックからそれぞれのページへジャンプします。)

1.本ページの注意点その他
2.ワシントン州活動再開計画(概要)
3.過去の日系企業向けニュースレター
4.参考リンク
 

1.本ページの注意点その他

本情報は,ワシントン州の主要な行政機関や団体のウェブサイトの情報をもとに,当地日系企業・NPO・邦人労働者に役立つ日本語参考資料としてまとめたものです。 
法的助言を構成するものではなく,法的助言として依拠すべきものではありません。実際の申請等にあたっては,該当するウェブサイトで最新の情報や詳細を直接ご確認ください。
 
本一覧について記載漏れ,コメントやご質問等ございましたら,以下までメールをお願いいたします。
在シアトル日本国総領事館 日系企業支援担当 economy@se.mofa.go.jp
 
(ニュースレター登録)
 新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けている日系企業等向けに,支援策,ウェビナーや州政府の発表など有益な情報を迅速に発信するニュースレターをお送りしています。配信をご希望される方がいらっしゃいございましたら,以下フォームに必要事項をご記入いただきご登録をお願いします。
 また,当地日系企業等に周知できる有益な情報などございましたら上記連絡先までお知らせください。館内で確認し,公平・中立の観点から適切なものを本ニュースレター等で共有させていただきます。
https://www.contact.mofa.go.jp/form/pub/seattle-us-emb-japan/form02
 
※現在の危機的状況に鑑み,本ページでは,多くの方にご利用いただける有益な情報の提供があった場合,情報元を示して掲示しています。なお,このことは,総領事館として,情報元の団体・個人をいかなる意味でも宣伝・推薦するものではないことを申し添えます。
 
(免責)
当館情報に関して生じた直接的,間接的,派生的,特別の,付随的,あるいは懲罰的損害および利益の喪失については,それが契約,不法行為,無過失責任,あるいはその他の原因に基づき生じたか否かにかかわらず,一切の責任を負いません。
 

2.ワシントン州活動再開計画(概要)

※ワシントン州では,2021年6月30日に経済再開ロードマップにおける規制を解除し,州内における経済活動をほぼ全面的に再開しました。一部の大規模な屋内イベント(屋内の閉鎖スペースでの1万人以上の参加者からなるイベント)での例外を除き、全ての業種において、パンデミック前と同様の収容人数での運用が可能となっています。最新の情報は州政府活動再開ページをご覧ください。

<再開ガイドライン概要(Washington Ready)> 
ワクチンの接種確認/陰性検査: 推奨されるが、大規模な屋内・屋外双方のイベントにおいて必須とはされない 
収容人数の制限: 制限なし(1万人以上の大規模な屋内イベントを除く)
物理的な距離の確保: 要件とされない
フェイスカバー: 個別の事業で求められない限り、ワクチン接種を完了した者には必要とされない。 
・旅行者: 米国疾病予防管理センター(CDC)の推奨事項に従うこと。 
注)一部の例外として、学校や保育所では、フェイスカバーや物理的な距離の確保が要件とされる。 
 今回の発表に合わせて、州労働産業局の発行する雇用場所におけるガイドラインも改定され、ワクチン接種を完了した労働者がフェイスカバーなしで業務を行うための方法、労働者のワクチン接種状況を確認する方法、労働者がフェイスカバーを着用し続けなければならない場合の方法、及び職場での新型コロナウイルスの蔓延を防ぎ、雇用者を支援するためのその他のガイダンスについて説明しています。 

○2021年1月5日、インズリー知事は、州の経済活動の再開に向け、これまでの経済再開計画("Safe Start”)や昨年11月16日から今月11日まで州内に敷かれた追加の行動規制とは異なる、2フェーズで構成された新たな経済再開ロードマップ("Healthy Washington" Roadmap to Recovery)を公表しました。同計画は、これまで州が適用してきた郡単位の4段階のフェーズ移行を取りやめ、州内39郡を8地域に分割し、複数の郡を含む地域単位で移行基準を当てはめフェーズ(2段階)を移行させていく形式を採用しています。同計画は1月11日から有効となっています。

○1月28日、インズリー知事は、経済再開ロードマップの修正を発表し、フェーズ2への移行について、4つの指標のうち3つを満たせばよいこととしました(従来は4つすべて)。なお、4つの基準自体に変更はありません。各地域が位置するステージの状況は州政府ホームページで随時アップデートされます。
https://coronavirus.wa.gov/what-you-need-know/roadmap-recovery-metrics

(参考)これまでのワシントン州のコロナウイルス感染症防止対策及び経済再開の経緯
○2020年1月21日 州内で米国初の症例確認が発表
○2月29日 州知事による緊急事態宣言(現在も継続中)
○3月11日 州知事 3月末までの大規模行事中止を命令
○3月23日 州知事 自宅待機令を発令(多くの事業が停止)
○5月1日 自宅待機令の期間延長、経済活動と行動規制を4フェーズに分けて段階的に解除する経済再開計画("Safe Start”)が開始。
○6月1日 自宅待機令に代わる郡別の経済再開計画が開始
○6月26日 州内公共スペースでのフェイスカバー着用を義務化(※7月25日からは人が集まるすべての共有場所で着用が義務化)
○7月2日 フェーズ移行の一時停止を発表
○7月28日 フェーズ移行を無期限で延長すると発表。
○11月16日 コロナウイルス感染急増の緩和、病院や医療機関逼迫の緩和を目的として、2021年1月11日までの間、すべての郡に追加規制が適用。追加規制に記載がないものは現行のガイダンスに従うこととなっており、加えて、本規制には、幼稚園から高校及びそれ以上の高等教育機関、託児所及び裁判所は対象外。
○2021年1月11日 新たな経済再開ロードマップが開始。
○1月28日 新たな経済再開ロードマップが修正。
○3月22日   フェーズ3が追加され,すべての郡がフェーズ3に移行。
○4月12日 3郡(ピアース郡,コウリッツ郡,ウィットマン郡)がフェーズ2へ退行。
○5月18日   すべての郡がフェーズ3に移行。
○6月30日   規制を解除し,州内における経済活動を全面的に再開。
ワシントン州新たな活動再開ロードマップ
 
目次に戻る
 
 

3.過去の日系企業向けニュースレター 

(2021年)
20210723日系企業向けメール74
20210716日系企業向けメール73 
20210709日系企業向けメール72
20210629日系企業向けメール71
20210625日系企業向けメール70
20210618日系企業向けメール69
20210611日系企業向けメール68
20210604日系企業向けメール67
20210528日系企業向けメール66
20210521日系企業向けメール65
20210514日系企業向けメール64
20210504日系企業向けメール63
20210430日系企業向けメール62
○20210423日系企業向けメール61
○20210416日系企業向けメール60
ワシントン州経済再開計画の概要(日本語:4/12時点)
○20210409日系企業向けメール59
20210402日系企業向けメール58
20210326日系企業向けメール57
20210322日系企業向けメール56
 ・ワシントン州経済再開計画の概要(日本語:3/22時点)
20210319日系企業向けメール55
 ・ワシントン州飲食店の店舗内飲食再開における必要条件(仮訳)。3月19日更新)
20210312_日系企業向けメール54
20210305_日系企業向けメール53
20210226_日系企業向けメール52
20210219_日系企業向けメール51
20210212_日系企業向けメール50
20210205_日系企業向けメール49
20210129_日系企業向けメール48
 ・ワシントン州経済再開計画の概要(日本語:1/28時点)
   ・ワシントン州レストラン・居酒屋・醸造所・ワイナリー・蒸留所の店舗内飲食再開における必要条件(仮訳)。2月1日更新)
20210122_日系企業向けメール47
20210115_日系企業向けメール46
 ・ワシントン州経済再開計画の概要
20210108_日系企業向けメール45
20210105_日系企業向けメール44
 
(2020年)
・ワシントン州フェーズ3安全再開計画様式(仮訳):(Wordファイル。2020年9月9日時点)
 
目次に戻る
 
 

4.参考リンク

<ワシントン州政府関係リンク>
・活動再開ページ:https://coronavirus.wa.gov/what-you-need-know/safe-start
・コロナウイルス対策最新情報:https://coronavirus.wa.gov/news
・州知事室事業再開ページ:https://www.governor.wa.gov/issues/issues/covid-19-resources/covid-19-reopening-guidance-businesses-and-workers
・必要不可欠な事業(Essential business):https://coronavirus.wa.gov/what-you-need-know/whats-open-and-closed/essential-business
・州労働産業局:一般的な必要条件と職場向け防護策ページと州保健局:職場・従業員向けリソースと推奨ページ
 
・州保健局 新型コロナウイルスページ:https://www.doh.wa.gov/Emergencies/COVID19
・州保健局 新型コロナウイルス日本語ページ:https://www.doh.wa.gov/Emergencies/COVID19/Japanese
 
<シアトル総領事館>
新型コロナウィルス関連情報(全般情報)
新型コロナウイルス感染が疑われる場合の対処方法について(日本語情報:ワシントン州,モンタナ州およびアイダホ州北部)
主要航空会社の運航・シアトル地区の交通状況に関するリンク一覧(随時アップデートされます)

 <連邦政府>
・アメリカ疾病予防管理センター(CDC):https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html

JETRO(ジェトロ,日本貿易振興機構)>
・北米における新型コロナウイルス対応状況(全般情報):https://www.jetro.go.jp/world/covid-19/us/
・ジェトロメールマガジン
「JETROビジネス短信」では,ビザや法務,労務関連の情報を含む,食品に限らない一般的なニュース,ウェビナー,レポートのご案内をしております。配信ご希望の方は以下連絡先にメール送信ください。
 
宛先:lag-research@jetro.go.jp
件名:メルマガ購読希望
内容:登録希望E-mailアドレス
 
 
<各種メディア>
・ジャングルシティ
【随時更新中】新型コロナウイルス感染症(COVID-19) アメリカ、ワシントン州の主なニュース
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)マスク・検査所・よく使われる英語・国外渡航勧告など まとめ
 
・YOUmaga.com:シアトルのローカル・ニュース
 
・北米報知:新型コロナウイルス関連ニュース
 

<日本国内情報>
◎新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードによる過去の資料等が掲載されています。同アドバイザリーボードは、「現時点における感染状況等の分析・評価」について、分析結果の発表や分析・評価(案)について議論しており、その過去資料の一般閲覧が出来ます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00093.html

◎これから海外から日本へ来られる方へ,これから海外へ行かれる方へ(厚労省HP)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00098.html

◎水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚労省HP)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html 
 
目次に戻る