採用情報、インターンシップ

2021/8/2

邦人留学生のインターンシップ応募について

現在、インターンの募集は行っておりません。

現在、インターンの募集は行っておりません。募集の際は、当サイトにてご案内します。
ご質問がございましたら、info@se.mofa.go.jpまでご連絡ください。
(在シアトル日本国総領事館では、外交業務、経済関係調査分析、人物交流など領事館の幅広い業務や経験に興味のある方、将来の進路として外交官を含め国際社会で活躍することを目指されている方で、以下の要件を満たされる方の中から、経済・広報文化班において、インターンを採用していましたが、現在受入れを中止しております。)


職種:経済・広報文化業務のアシスタント

職務内容:日本文化の広報業務、文化交流活動の支援、管轄地域の経済動向の調査分析等の補佐
※過去の参加者感想は次のとおり:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)
※(11) 、(12)はテレワークで行ったインターンの感想です。

募集時期:現在未定です。


(1)日本国籍を有すること
(2)米国の大学に在籍する大学院生・大学学部生等)
(3)米国において合法的に滞在するビザまたは永住権を有すること
(4)インターンの目的が明確であること
※「社会経験を積む」、「知見を深める」等の一般的な理由ではなく、いかなる研修内容が現在の学業ないしは将来の進路にどのように関わるのか等目的を具体的に示すことが必要。
(5)学業上の必要性があること
※単位取得を目的としていることが最も望ましいが、そうでない場合には、研修内容が現在の学業に如何に役立つかを示すことが必要。
(6)在外公館でインターンとして研修するに相応しい知識・能力・人格を備えていること


(1) 書類審査
申し込みフォーム(別添)、履歴書(様式自由)、旅券・査証及び学生証(いずれも現在有効なもの)の写しを提出(メール送付、郵送又は持参)
(2) 領事館における面接
書類審査通過者に当館から連絡し実施。推薦状(学長、学部長又は指導教官から)を提出。
(3) 領事館から外務省への推薦、許可の取付け、合格者へ連絡


(1)期間・時間:原則として週2日以上で2ヶ月~(延長可)、週12-35時間程度(午前9時~午後5時30分までの間で個別に相談。長時間可能な方を優遇。昼休みは12時から13時)
(2)待遇:インターン実施に要する経費(通信費(テレワーク時),交通費、食費、宿泊費など)、インターン従事の対価に当たるものは一切支給しない。
(3)その他:
(1)医療保険、傷害保険の提供は行わないので、各人が有効な海外旅行保険を有すること
(2)勤務開始時にこれら諸条件及び保秘義務に係る覚書に署名
(3)インターン終了時、希望者にはインターンシップ証明レターを発出