各種証明書の発行

2021/7/1

州の新型コロナウイルス対策の再開基準に照らし合わせ,
領事待合室内の人数を制限するために窓口は全て予約制となっています。

予約方法Eメール(consul@se.mofa.go.jp)乃至電話(206-682-9107 内線120)でお願いします。電話が繋がりにくい場合は,Eメールのご利用をお勧めします。

領事待合室内の人数制限に伴い,予約が混み合っています。また,申請から交付までに2週間ほど時間がかかっております。時間に余裕のある予約の確保,米国公証人による証明など代替手段がある場合はそちらのご利用もご検討ください。

 


在留証明

 
 外国のどこに住所(生活の本拠地)を有しているかを証明するものです。
 恩給・年金の受給,不動産登記,遺産相続,本邦学校の受験手続き等に使用されます。


署名及び拇印の証明


 
 日本の印鑑証明に代わるものとして,ご本人の署名及び拇印であることに間違いないことを証明します。
 日本での遺産分割協議書への署名,不動産登記に関する委任状等への署名,自動車の名義変更手続き,銀行口座の名義変更等に使用されます。


出生証明

 
 いつ,どこで出生したかを英文で証明するものです。
 米国グリーンカードもしくは米国への帰化申請,自動車運転免許証の取得,扶養家族の証明等に使用されます。


婚姻証明

 
 誰といつから正式な婚姻関係にあるかを英文で証明するものです。
 グリーンカードもしくは米国への帰化申請,扶養家族の証明等に使われます。


離婚証明書

 
  離婚日や離婚した夫婦の氏名等を英文で証明するものです。


自動車運転免許証抜粋証明

 
 日本の有効な運転免許証を保有していることを英文で証明するものです。


警察証明

 
 日本での犯罪歴の有無を証明するものです。
 永住権申請,帰化等のため,現地関係当局がその国の法規に基づきこの証明の提出を要求する場合にのみ,日本の警察庁から発行されます。

その他証明
 旅券所持証明,離婚証明,死亡証明,印鑑証明,翻訳証明,遺言の公証,官公署等の印章の証明等,その他このホームページに掲載されていない証明につきましては,領事班までご連絡願います。

 また,親権者でありながら,その事実が戸籍謄(抄)本に記載されていないことにより,何らかの手続き(外国の査証申請等)でお困りの方は,ご相談ください。

 電話:(206)682-9107